港総合法律事務所

弁護士費用早見表               港総合法律事務所の原則的な弁護士費用です。

※以下は、あくまで原則ですので、事案に応じて相談に応じます。

 

1 民事事件の原則的な弁護士費用
 経済的利益  着手金  報酬
 300万円以下の場合  8%×1.08  16%×1.08
 300万円を超え、3000万円以下の場合 (5%+9万円)×1.08 (10%+18万円)×1.08
 3000万円を超え、3億円以下の場合 (3%+69万円)×1.08 (6%+138万円)×1.08
 3億円を超える場合 (2%+369万円)×1.08 (4%+738万円)×1.08
※経済的利益とは
紛争の財産上の価値を言います。
たとえば、
1000万円の貸金の請求であれば、1000万円が経済的利益となります。
土地の争いであれば、その土地の固定資産税評価額が経済的利益となります。
 
 
     2 消費者のクレジット・サラ金事件(任意整理の場合で、着手金・報酬含む)
  任意交渉での解決  43,200円×業者数(ただし、最低54,000円)
 過払金が発生した場合の返還請求  (過払金回収額×20%)×1.08
 実費(訴訟費用、振込費用等)が発生した場合  実費相当分(振込費用については1回あたり540円)
※状況に応じ、分割払いに応じます。
 
 
     3 法律相談 
 事務所での法律相談  1時間当たり10,800円

HOME

inserted by FC2 system